*

ココナッツオイルでのうがいの正しいやり方はコレ!

公開日: : 最終更新日:2015/06/24 ココナッツオイル

道端ジェシカもやってるココナッツオイルでのうがい…

オイルプリングといいます。

オイルプリングはさまざまな効果があってデトックスできたり歯のホワイトニングになるそうです。

ということでココナッツオイルを使ったうがい、オイルプリングのやり方を説明していきます!

ココナッツオイルでのうがいのやり方

1.始める前に水を飲み、唾液を出しやすくします。

唾液は細菌を出すお手伝いをしてくれます。

2.ココナッツオイルを大さじ一杯、口に含みます。

途中で唾液が出てくるので、口の中がいっぱいにならないように、はじめは、少量のオイルでやってみましょう。

3.約20分間、口の中でオイルを動かします。

ほっぺたと唇、舌を使って口全体にオイルが行き渡るように、よく動かしましょう。

4.いらない紙などにオイルを吐き、ゴミ箱に捨てます。

オイルを捨てたあと水でブクブクうがいをして完了です。

オイルは排水口に捨ててしまうと、詰まりの原因なるのでゴミ箱に捨てましょう。

オイルでうがいなんてどんな感じなんだろう?ということで実際にやってみました。

感想は?

最初にココナッツオイルを口に含んだ時は、オイルなのでちょっと気持ち悪くて吐きそうになりましたけど、時間が経って唾液と混ざってくると全然気持ち悪い感じもなくなって、普通にブクブクブクできます。

ブクブクというよりかは、せっかくなんでフェイササイズ(フェイスエクササイズ)を一緒にやりました。

20分もブクブクするのはほっぺたが痛くなってしまいますよね。

オイルを吐き出した後は、ヌルヌルした感じはほとんどなくて、さっぱり〜って感じでした。

それよりフェイスエクササイズが気になる!という方もいるかもしれないので紹介しておきます。

ほうれい線がなくなる?フェイササイズ!

ココナッツオイルを口に含んで、液化してきたらブクブクします。

そのときに口周りの筋肉のエクササイズをするとほうれい線が目立たなくなってきます。

実際のやり方は以下の通りです。

IMG_2607.JPG

フェイササイズのやり方

1.ブクブクをする時に頬を動かすのではなく、鼻の下を伸ばすようにして、上下に動かします。

この時にあごに梅干しジワがなるべく出来ないように注意しましょう。 上唇の上の筋肉を鍛えることで、上下の唇の筋力のバランスがとれて、ほうれい線にシワが入りづらくなります。

2.ベロで口の内側からほうれい線のシワを伸ばします。

シワ伸ばしは気付いた時にいつでもできるのでオススメです。 ベロの運動にもなるので、唾液もよく出て、オイルプリングをより効果的にします。

フェイササイズをする以外にオイルプリングはどのような効果があるのでしょうか?

オイルプリングは何にいいの?

お口の中には常在菌といって500種類以上の菌が、100兆個とか数えきれないくらいたくさんいます。

体の中で一番汚いのが口の中と言われるのはこのためです。

オイルプリングをやると、普段の歯磨きで取りきれない細菌が、オイルに絡まってとれていきデトックスできるというわけです。

その結果、口臭、にきび、慢性疲労、不眠症、偏頭痛、腰痛、便秘、月経前症候群、アレルギー、喘息、糖尿病など、様々な症状に効果が期待でき、おまけに歯も白くなるということです!

まとめ

ココナッツオイルでのうがいは、実際にやってみると、20分間は意外にあっという間で、朝の身支度をしながらやるのにちょうどいい感じです。

これが歯のホワイトニング効果もあるなら続けてみようかな〜って感じです! みなさんもよかったらやってみてください。

関連記事

IMG_2645.JPG

固形のココナッツオイルの使い方

最近話題のココナッツオイル!流行りに乗るべく早速買ってみました! 買ってみたはいいものの、ココ

記事を読む

By: Kanko*
アイスクリームとシャーベットの違いは○○の比率

夏はアイスやシャーベットが美味しい季節ですよね。 アイスとシャー

By: Alexandra E Rust
生理前は眠いしだるい!原因と対策をチェック!

最近昼間でもやたら眠い日が続いてるなぁ…もしかして生理前? だる

By: Ippei Suzuki
スイカを美味しいまま保存する方法を紹介!飽きない食べ方とは?

夏になるとスイカが親戚からたくさん送られてきたり、ご近所さんからお

By: Jeroen Tebbe
舌にできた白い口内炎が痛い!原因と治し方を紹介!

なんか舌が痛いな~と思って鏡を見てみたら白い口内炎が… すごく熱

By: Toshihiro Gamo
夏バテ対策にはこの食べ物が効く!?

今年も暑い夏がやってきました。日本の夏は蒸し暑いですよね。 そん

→もっと見る

PAGE TOP ↑