*

虫歯を治しても口臭は治らない!?

公開日: : 最終更新日:2015/06/19 口臭

最近身近な人に口臭が気になると言われて正直ショックだった…

もう何年も歯医者に行ってないし、昔よく虫歯になっていたからまた虫歯ができていて口臭の原因になっているのかもしれない…

確かに歯に大きな穴があくとそこに食べカスが詰まったりしてにおいの原因になることはあります。

そのほかにも虫歯が原因で歯の根の先端に膿がたまりそれがにおうこともあります。

果たしてそれらの虫歯を治療したとして口臭は消えるのでしょうか?

口臭の原因は本当に虫歯だけなのでしょうか?

口臭の3大原因

口臭の原因として考えられることの9割はお口のトラブルです。

その9割の中でもとくに次の3つが原因とされています。

  1. 歯周病
  2. 舌の汚れ
  3. 唾液

ちなみに口臭の原因の残り1割は胃の病気などからくるものです。

その場合は病院にかからないとまずい状態のときです。

胃炎や胃潰瘍、胃がんなどそういった胃の病気になると口臭の原因になります。

3大原因についてひとつずつ解説していきます。

1.歯周病

歯周病になると口の中の菌の数が増えます。

誰しも突然歯周病になることはありません。段階を経て歯周病になっていきます。

段階を経てどんどん菌の数が増えているからです。

始まりは磨き残しです。それを除去できずにいると蓄積され時間の経過とともに歯石になっていきます。歯石も除去しないでいると歯肉は炎症を起こしたままになり歯肉と歯の間の歯周ポケットと呼ばれる溝が深くなります。その溝の中に菌が住み着いて増殖していくのが歯周病の菌の動きです。

その菌の中には悪臭を放つものもいます。炎症が進むことで菌のえさになる白血球などの血球成分なども増えていきます。それと並行して口臭も強くなります。

もう何年も歯医者に行っていない…そういう場合もしかしたら歯石が溜まっていて歯周病が進んで口臭の原因になっている可能性が考えられます。

歯周病は痛みを伴わずに進行する病気です。なにか症状が出る頃にはもう重度の歯周病になっています。

そうならないためにも定期的に歯科検診をうけることは必要なのです。

2.舌の汚れ

舌の構造は毛足の長いじゅうたんのようになっています。

じゅうたんの毛足の間に死んだ菌とか新陳代謝によってはがれた粘膜などが入り込みます。それが舌苔(ぜったい)とよばれる口臭の原因です。

じゅうたんの毛足の間に食べ物のにおいの成分が入り込みにおいの強い食べ物を食べたあとはしばらくそれが口臭の原因になることもあります。

舌の汚れを取り除けば口臭の原因はなくなるでしょう。

早く口臭をなくしたいからといってやみくもに舌を舌ブラシでゴシゴシするのはよくありません。

毛のすごく柔らかいブラシで奥から手前に舌を何回かなでるようにすると2~3週間つづけて行うと舌の汚れはとれてきます。

舌は傷つきやすいので力を入れずに行うようにしてください。

3.唾液

唾液の分泌が少ないと口臭の原因になります。

唾液の質が悪くても口臭の原因になります。

唾液には2種類ありサラサラ舌唾液と粘り気のある粘性の強い唾液があります。

お口の中の細菌が多いと粘性の強い唾液の割合が多くなります。

理想はサラサラした唾液が常にたくさん出ることです。

唾液は口の中が乾燥していると乾いてしまいます。

なので口呼吸の人は常に口が開いているために唾液で口の中がうるおうことがなく口臭が強くなる傾向にあります。

唾を吐いた時糸を引くような唾液は粘液性が強くなっています。

唇の筋力バランスや舌のポジションが悪かったり、歯並びが悪くて唇を自然に閉じることができない場合、口呼吸になっていることがほとんどです。

鏡を見て唇を自然に閉じ鼻で呼吸してみてください。

もし息苦しいと感じた場合口で呼吸をしている可能性があります。

自然に唇を閉じて1分間そのままにしてください。

その間なにかほかの事をやってもかまいません。1分後鏡をみて唇が閉じているか確認してください。開いている場合あなたは普段口呼吸をしています。

日頃から意識して唇を閉じるようにしましょう。そのときのポイントは鼻の下をのばしながら閉じることです。顎に梅干しのようなしわができないようにしてください。

無意識下で唇が閉じれない人の特徴は上唇の筋力が弱いことです。鼻の下をのばすことで上唇の筋力を鍛えることができます。

舌のポジションについてですが、鏡を見て舌を軽く出したとき舌がギザギザしたようなかたちになっている人は舌がいつも下の歯の裏側にある人です。低位舌と呼ばれる舌のポジションになっています。

普段正しくあるべき舌のポジションは上の歯の裏側です。上顎に舌がベタッとくっついているようなイメージです。

低位舌の人は口呼吸をしていることがほとんどです。

普段から正しい位置に舌を置くように意識しながら唇を閉じてみてください。

※人によっては舌の裏の筋が短くて舌を上の歯の裏に持ち上げられないことがあります。

そういう場合、歯科医院で相談すると筋を切ることもできます。

ただ舌の筋に関しては日本語の発音には支障がないため必ずしも筋を切らなくてはいけないということではありません。

口呼吸も唇の筋力を鍛えたり、意識して口を閉じるようになれば鼻の疾患がない限りは可能になります。

虫歯は口臭の原因ではないのか?

虫歯が口臭の原因にはならないのかというとそうではなく、先述したように虫歯が原因でにおうことはあります。

口臭の原因となるような虫歯の場合、痛みや何らかの症状が必ずあるはずです。

虫歯の違和感と共に口臭を感じはじめたのならそれは虫歯による口臭でしょう。

治療をすれば改善されるはずです。

ただ他人に指摘されるにおいというのは自分ではなかなか感じることができないものです。

なので虫歯の治療がすべて完了したあとで口臭を指摘されるのであれば上記のような3つのことが原因となっていることが考えられます。

改善策はあるのか

虫歯に関しては歯医者に行くことで改善するしかありません。

もし歯周病なのか気になる場合は虫歯治療に行った際に歯周病や口臭について気になるということも相談されてみてください。

歯周病に関してはほとんどの歯科医院で対応してもらえるはずです。

虫歯も歯周病と同様に菌がもたらす病気ですし、歯磨きの磨き残しが原因です。

虫歯ができてしまうブラッシングをしている人は少なくとも歯周病のリスクもあるはずです。

磨き残しが少しでもなくなるように歯ブラシ指導を受けられることをおすすめします。

人によって磨き残すポイントは異なるので、自分はどこが磨けていないのか認識することで磨き残しを減らし、口の中の菌を増えさせないようにして口臭予防につなげていきましょう。

まとめ

  • 自分で感じることのできる口臭は虫歯によるもの。
  • 他人から指摘される口臭は虫歯以外のお口のトラブルによるもの。
  • 定期的に歯科検診を受けることで口臭予防につながる。

お口の中のトラブルを改善しても口臭を感じる場合、胃の疾病を患っている可能性があります。一度病院で胃の検査をされることをおすすめします。

関連記事

記事はありませんでした

By: Kanko*
アイスクリームとシャーベットの違いは○○の比率

夏はアイスやシャーベットが美味しい季節ですよね。 アイスとシャー

By: Alexandra E Rust
生理前は眠いしだるい!原因と対策をチェック!

最近昼間でもやたら眠い日が続いてるなぁ…もしかして生理前? だる

By: Ippei Suzuki
スイカを美味しいまま保存する方法を紹介!飽きない食べ方とは?

夏になるとスイカが親戚からたくさん送られてきたり、ご近所さんからお

By: Jeroen Tebbe
舌にできた白い口内炎が痛い!原因と治し方を紹介!

なんか舌が痛いな~と思って鏡を見てみたら白い口内炎が… すごく熱

By: Toshihiro Gamo
夏バテ対策にはこの食べ物が効く!?

今年も暑い夏がやってきました。日本の夏は蒸し暑いですよね。 そん

→もっと見る

PAGE TOP ↑