*

親知らずの抜歯後の頭痛の原因といえば

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 親知らず

親知らずを抜いて何日かたってごはんも普通に食べれるようになったのに…なんだか頭痛が始まって、続いてる。

これって親知らずを抜歯した影響なんだろうか?

と思っているあなた!原因を解説していきます!

親知らず抜歯後の頭痛の原因

噛み合わせのバランス

まず考えられること、それは噛み合わせのバランスによる筋肉痛からもたらされるものです。

どういうことかというと、親知らずを抜いた時先生やスタッフの人に「抜いた方と反対側で食べるようにしてくださいね」と言われませんでしたか?

その通りに反対側だけで食べ続けている

もしそうならば、頭痛はそのことが原因で起こっている可能性があります。

いつも両側で均等に食べていた人は特に、噛み合わせのバランスが片側に偏り咬合筋と呼ばれる噛む筋肉をいつも以上に片側だけ使ったので筋肉痛が起きたのでしょう。

噛む筋肉は肩の筋肉から頭の筋肉へと繋がって連動しています。

なので片側の噛む筋肉が筋肉痛を起こしたことが原因で連動している頭の筋肉まで痛みが広がって頭痛がしている場合があるのです。

あごのバランス

次に頭痛の原因として考えられるのは、あごのバランスがずれたことによる頭痛です。

噛み合わせのバランスがくずれたことと大差ありませんが、こちらは親知らずの抜歯で、長時間口を開けていたことであごがずれ骨格のバランスがくずれたことで関連痛により頭痛をひきおこしているケースです。

もともと顎関節症ぎみだとなりやすい症状であるとは思います。

あごのずれは自力で治すことは困難なので、一旦歯科医院に相談してください。

レントゲンを撮ってもらうのがいいでしょう。

あごのずれもわかりますし、頭痛の原因がもしかしたら他のところにみつかるかもしれません。

改善方法

噛み合わせのバランスに心当たりがある方は、親知らずの傷が治ってきていて口も開けやすく両側使えるなら片側で噛んでいたのをやめて両側に戻しましょう。

さらに、奥歯の方で食べるのをやめる

ガチガチ噛まずにやわらかく噛むようにすると改善されてくるはずです。

噛む筋肉は心臓の筋肉と同じで疲れることを知らない休むことのない筋肉なので、自分で力加減をして休ませてあげることが必要です。

2012052513591167e

まとめ

親知らずを抜いて大変な思いをしたのに今度は頭が痛くて最悪だったと思います。

ご飯を食べる時、噛みかたをちょっと工夫してみてください。

毎日ご飯を食べない日はほとんどないでしょうし、現代社会はストレス社会なのでストレスを受けた脳が食いしばりや歯ぎしりをさせることでストレスを発散させていることも考えられます。

そのくらい無意識で噛む筋肉を使っているので自主的に意識して休ませてあげてください。

抜歯後ですし、しばらく流動食でいるのも手かもしれません。

噛みかたを変えて頭痛が改善されなければ、あごのずれが生じている可能性があります。

その際は忙しくても一度歯科医院で診てもらいましょう。お大事にしてください。

関連記事

YAKAN3

これが親知らずが腫れる原因だ!

親知らずっていつの間にか生えてきますけどその存在のアピールって結構大きかったりしますよね(笑)

記事を読む

02_22

親知らず抜歯後の痛みの原因

親知らずの抜歯後は少なからず麻酔が切れてから痛みます。 麻酔が切れる前に痛み止めを飲んでおくと

記事を読む

絶対失敗しない親知らず 抜歯後の食事選びのコツ

親知らずを抜いた後、特に下の親知らずを抜いた後は口が開けづらくなります。 うまく喋れなかったり

記事を読む

0527

親知らずの抜歯後の腫れが想像以上に凄い

年末年始、歯医者さんがお休みになる前に、先生に相談して親知らずを抜歯したのは良かったけど、 抜

記事を読む

By: Kanko*
アイスクリームとシャーベットの違いは○○の比率

夏はアイスやシャーベットが美味しい季節ですよね。 アイスとシャー

By: Alexandra E Rust
生理前は眠いしだるい!原因と対策をチェック!

最近昼間でもやたら眠い日が続いてるなぁ…もしかして生理前? だる

By: Ippei Suzuki
スイカを美味しいまま保存する方法を紹介!飽きない食べ方とは?

夏になるとスイカが親戚からたくさん送られてきたり、ご近所さんからお

By: Jeroen Tebbe
舌にできた白い口内炎が痛い!原因と治し方を紹介!

なんか舌が痛いな~と思って鏡を見てみたら白い口内炎が… すごく熱

By: Toshihiro Gamo
夏バテ対策にはこの食べ物が効く!?

今年も暑い夏がやってきました。日本の夏は蒸し暑いですよね。 そん

→もっと見る

PAGE TOP ↑