*

節分 豆まきの由来のお話

公開日: : 最終更新日:2015/06/24

節分といえば、あちらこちらで子供たちが鬼は外~ 福は内~って豆まきしていますよね。

でも、この豆まきの由来って子供に聞かれたときにちゃんと説明できますか?

子供たちからしたら、鬼?って風にも成りかねないですし、最近の子供たちは妖怪ウォッチの影響で鬼とも友達になれると思っている子もいるかもしれません。

この豆まきの風習がいつから始まったのかを探っていきましょう!

節分の風習はいつから?

まずは豆まきの前に節分とは何かということをおさらいしていきましょう。

節分というのは季節を分けるという意味であり、季節の変わり目には邪気(鬼)が発生すると考えられていたそうです。

この考え方は記録によると平安時代には既にあったという事なので、節分はかれこれ1000年以上の歴史がある日本の伝統行事のようです。

豆まきが始まったのは?

豆まきが始まったのは記録によると、瑞渓周鳳という僧侶が記した日記にあるそうで、これは室町時代1447年の事だそうです。

それ以前には節分といえば、宮中の行事でしたので、このころまでに民衆に広がっていたのではないでしょうか。

豆を撒くのはなぜ?

豆を撒くようになった由来としては宇多天皇(867~931年 平安時代)の頃に鞍馬天狗で知られる京都の鞍馬山から鬼が当時の都である平安京に下りてきて悪さをしていたところを祈祷を行い、鬼が出てくるといわれる鬼の穴を封じ、炒り豆(大豆)で鬼の目を打ちつぶしたという伝説がルーツとなっています。

地方によって異なる大豆と落花生

これを読んでいらっしゃる方の中にはうちは炒り豆(大豆)じゃなくて、落花生を撒いているよという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

地方によっては炒り豆(大豆)ではなく、落花生を撒く地方もあり、代表的な地域としては北海道・東北・北陸・南九州などでは落花生を撒いているようです。

日本における落花生の生産量1位で全国の74.6%を生産している千葉県は落花生ではなく、炒り豆(大豆)を巻くそうなので、生産している地域と落花生を撒く地域の因果関係はなさそうです。

また、かつては豆以外に米、麦、栗、炭なども撒かれていたようです。

毎年、節分の時期になるとテレビでも報道される成田山新勝寺では大豆と落花生の両方が撒かれているそうです。

setsubun_mamemaki

そもそも何故落花生なのか

落花生を巻く地方があるという事でなぜ落花生を巻くかという部分が気になるわけですが、こちらはあまり深い意味があるわけではなく、「落花生は大豆より拾い易く地面に落ちても実が汚れない」という理由からきているようです。

確かに落花生ならば、外に撒いたり室内に撒いたものでも、殻を剥いたら食べれるという点があるのでこの考え方はアリですね。

ただ、地方差が発生しているところはかなり疑問が残りますね。

まとめ

  • 豆撒きは室町時代には民衆に広がっていた。
  • 炒り豆(大豆)と落花生を撒く地方があり、千葉県は落花生の生産量1位だが炒り豆(大豆)の地域。
  • 成田山ではどちらも撒かれている。

関連記事

1312208top

会社の上司に送る年賀状に添える一言

今年も残すところあとわずかです。 日頃、御世話になっている方へ感謝の気持ちを込めて、書にたくす

記事を読む

By: Kanko*
アイスクリームとシャーベットの違いは○○の比率

夏はアイスやシャーベットが美味しい季節ですよね。 アイスとシャー

By: Alexandra E Rust
生理前は眠いしだるい!原因と対策をチェック!

最近昼間でもやたら眠い日が続いてるなぁ…もしかして生理前? だる

By: Ippei Suzuki
スイカを美味しいまま保存する方法を紹介!飽きない食べ方とは?

夏になるとスイカが親戚からたくさん送られてきたり、ご近所さんからお

By: Jeroen Tebbe
舌にできた白い口内炎が痛い!原因と治し方を紹介!

なんか舌が痛いな~と思って鏡を見てみたら白い口内炎が… すごく熱

By: Toshihiro Gamo
夏バテ対策にはこの食べ物が効く!?

今年も暑い夏がやってきました。日本の夏は蒸し暑いですよね。 そん

→もっと見る

PAGE TOP ↑