*

会社の上司に送る年賀状に添える一言

公開日: : 最終更新日:2015/06/08

今年も残すところあとわずかです。

日頃、御世話になっている方へ感謝の気持ちを込めて、書にたくす年賀状の季節がやってまいりました。

特に新社会人のみなさんにとっては会社の上司に送る初めての年賀状ということで、なにを書いたらいいかわからない人も多いと思います。そこで会社の上司に送る年賀状に添える一言を紹介します!

ごくごく一般的な定型文

まずはじめに、年が明けたよろこびと、一年間の相手の繁栄を願う定型文はごくごく一般的なものを使えばいいでしょう。ただそれだけで終わってしまうとなんのインパクトもない印象にも残らない仕事が出来なそうな人の年賀状になってしまうかもしれません。

そこで、他の同期社員が、書きそうにもない一言をプラスするだけで年明けからあなたに対する会社での上司の見方も変わってくるはずです。

一般的な一言

「今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。」

「今年もより一層仕事に精進してまいりたいと思いますので、ご指導のほどお願い申し上げます。」

など、誰にでも使うことのできる一般的な一言では他の同僚との評価は同じでしょう。

では他の社員と差をつけるにはどんな一言が効果的でしょうか。

同期の一歩先を行く一言

会社の上司に送る年賀状で他の人が考えつきそうなありきたりな一言を添えても印象には残りづらいと思います。

普段から上司と仲良くしてる人はそれに拍車がかかることを書けばいいだろうし、上司が言われて嬉しい一言と仕事に対する意欲が伝わる一言を書くのがいいと思います。

会社の上司のご機嫌をとるってことじゃないですけど、人は誰でも気持ちいいことを言ってくれる人の印象は良いはずです。

例えば…

「〇〇さんのように仕事ができる人になれるよう精進していきます!これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします!」

「〇〇さんのご指導のおかげでがんばれてる自分がいます。大変感謝いたしております。これからもよろしくお願いいたします!」

など、その上司に対する一言があるのとないのとでは印象が大きく違うと思います。

20131106004543_527912a7ea5de

まとめ

上司に送る年賀状はただの風習ではなく、日頃の感謝を伝える手紙と同じだと思います。

感謝とともに敬意を表することができたらなお、良いでしょう。

これからも一緒に頑張っていきたいという意欲を感じさせれたら最高です。嬉しいことを言ってくれる部下なら可愛がりたいと思うのが人の心理ではないでしょうか。

是非とも取り入れて、来年も飛躍の年にしてください。

関連記事

setsubun_mamemaki

節分 豆まきの由来のお話

節分といえば、あちらこちらで子供たちが鬼は外~ 福は内~って豆まきしていますよね。 でも、この

記事を読む

By: Kanko*
アイスクリームとシャーベットの違いは○○の比率

夏はアイスやシャーベットが美味しい季節ですよね。 アイスとシャー

By: Alexandra E Rust
生理前は眠いしだるい!原因と対策をチェック!

最近昼間でもやたら眠い日が続いてるなぁ…もしかして生理前? だる

By: Ippei Suzuki
スイカを美味しいまま保存する方法を紹介!飽きない食べ方とは?

夏になるとスイカが親戚からたくさん送られてきたり、ご近所さんからお

By: Jeroen Tebbe
舌にできた白い口内炎が痛い!原因と治し方を紹介!

なんか舌が痛いな~と思って鏡を見てみたら白い口内炎が… すごく熱

By: Toshihiro Gamo
夏バテ対策にはこの食べ物が効く!?

今年も暑い夏がやってきました。日本の夏は蒸し暑いですよね。 そん

→もっと見る

PAGE TOP ↑